みんなの肌潤糖の特徴

 

アトピー肌の悩みが軽減するようになっても乾燥肌に悩まされていた私の顔は、使用する化粧水や化粧品によって赤くなってしまうことが多々ありました。
乾燥しやすい私の肌は保湿力がある化粧水でないと、しっかり保湿することができませんでした。
しかし、みんなの肌潤糖は私の肌でもしっかり潤いを保ってくれるものでした。

 

みんなの肌潤糖はスクラブタイプですが、水に溶かしてジェル状にして使用する化粧品です。

 

みんなの肌潤糖には、アトケアタイプとクリアタイプがあり、私はアトケアタイプという方を使用しています。
提供元の販売ページでは、クリアタイプはニキビ肌などに推奨されており、アトケアタイプは私の様な極度の乾燥肌の方に推奨されています。

 

私の場合は、ニキビ以前に顔もアトピーの状態が現れていたのでアトケアタイプを使用しました。

 

私のようなアトピー体質の肌は乾燥による影響が大きいと感じています。
普通に洗顔するだけでは乾燥してしまい、乾燥によって角質層に隙間ができ、刺激となるアレルゲンや紫外線が肌の内側に侵入してしまうそうです。
保湿がしっかりされていることで、肌のバリア機能をしっかり保てるということで、バリア機能を保ためにも潤いを与えてくれる保湿液を求めていました。

 

普通の保湿化粧水などでは、しっかりとした保湿効果を実感できなかった私は、化粧水の選び方を間違っていたようです。
どんなに保湿効果が高いと言われている商品を使っても、角質層までしっかり浸透してくれる化粧水でなければ意味がなかったのです。

 

どんな化粧水でも保湿液でも、角層まで浸透しないと高い保湿力は期待できないそうです。

 

そこで選んだのがみんなの肌潤糖でした。

 

私が使用した結果からお伝えすると、一日中しっとり感があるお肌になった実感がありました。
冬場は午後になってから再度保湿ケアをしていましたが、夏場はケアの回数が減ったくらい、保湿力を実感できました。

 

みんなの肌潤糖の利用可能年齢

みんなの肌潤糖は、アトピー、乾燥肌など乾燥したお肌に悩む人のために開発された保湿化粧品で、開発したのはアトピーの娘を持つお母さんだそうです。
赤ちゃんからシニアの方でも使えるそうなので、生後間もない赤ちゃんからシニアまで安心して使える保湿ケアの化粧水とのことです。

 

確かに、私の肌でも使えるということは、軽度の乾燥の方はもちろん、私と同じくらい肌の弱い方でも使えると思います。
小さなお子さんの入浴時に入浴剤代わりにお湯に混ぜて使っているという方もいるようです。

 

私は化粧品を選ぶ時は、いつも無添加のものを選ばなくては肌に赤みが現れてきてしまいます。
そんな私でもみんなの肌潤糖を利用できたのは、使用している原料が無添加で刺激の少ない安心素材のものだということ、香料、保存料、防腐剤は使用していないということが理由だと思います。

 

使用方法

普段使っている洗顔量でいつもと同じように洗顔し、みんなの肌潤糖を水と混ぜてペースト状にします。
肌潤糖で優しくマッサージします。スクラブ感がなくなるまでマッサージをしたら、1分から2分ほど置きます。
時間が経ったら、ぬるま湯で軽く洗い流します。
清潔なタオルでやさしく水分を拭き取って、化粧水などで保湿します。
使ってみると分かるのですが、普段より化粧水が肌に染み込んでいくような感じがします。これはあくまでも私の実感です。

 

乾燥肌にはアトケアタイプ

みんなの肌潤糖には2つのタイプがあり、アトピー肌に悩む私が利用しているのは後ケアタイプです。
肌潤糖を実際に使用したことで、乾燥とガサガサ肌に悩んでいた日々の悩みが軽減した実感があります。
以前よりも肌がしっとりして、肌の状態に変化を感じています。

 

アトケアタイプ ※乾燥肌に推奨されています。

 

 

乾燥肌にはアトケアタイプ

みんなの肌潤糖の2種類のうち、ニキビに悩む人はクリアタイプが推奨されています。
ニキビ肌の悩みは繰り返しニキビができてしまいニキビ跡が消えにくいということです。

 

そんな悩みを抱えないために適切なケアが必要と思いますが、みんなの肌潤糖が役立ってくれると思います。

 

肌を清潔にすることを心がけて毎日の洗顔後のケアにみんなの肌潤糖クリアタイプを使用し、角質層までしっかり潤いを届けてもらうことで、乾燥しがちな肌に変化を実感できました。

 

クリアタイプ ※ニキビ肌に推奨されています。

 

 

化粧水と入浴剤もセットになっているセットがおすすめです。

 

 

 

 

 


みんなの肌潤糖【アトピー肌の私が愛用したアイテム】記事一覧