アトピー 食事

アトピーと食事の関係

アトピーは食べている食事が関係しているのではないか?と考えた私と母は、自分に食物アレルギーがないのかを調べました。
今でこそ、血液検査で細かく食物アレルギーの種類がわかりますが、私が幼少期の時代はアレルギーが発生したら判明する、という程度のものでした。

 

私が行った食事メニューの改善は、まず自分の体に合わない可能性が高い食物を調査して行きました。

 

牛乳、乳製品、卵、そば、小麦、大麦、果物類、などよくある食物アレルギーの食材で反応がでないかを調べていきました。

 

色々な人から、食べものとアトピーの関係の情報を聞いていくうちに、
・砂糖よりもオリゴ糖の方が良いらしい
・サラダ油よりもオリーブオイルが良いらしい
・グルテンや糖質を過剰に摂取しない方がいい
など、親戚や知人に聞いた情報を、科学的な裏付けがない状態ではありましたが実践していきました。

 

私が実践した食事メニューの改良

乳製品の摂取を減らしたみた

幼少期、まずは乳製品を摂らないようにしました。
そう至った原因は、牛乳を飲むとお腹を下しやすいこと、飲むとなんとなくかゆみが強くなる印象があったからです。
乳製品を摂らないようにするということも、徹底できたわけではなく、給食には牛乳が出ていたのでお昼には飲んでいました。
自宅では一切摂っていませんでしたが、大きな変化は感じることはできませんでした。

 

砂糖の摂取を減らしてみた

砂糖は良くないという噂を聞いたので、なるべく砂糖の摂取を減らすようにしました。
しかし、徹底して砂糖を排除するのはなかなか難しい時代でした。
今ではオリゴ糖などが販売されているので、砂糖をオリゴ糖にシフトすることができますが、当時はそうはいきませんでした。
私の場合は、砂糖を減らしたことで、なんとなくかゆみの程度は軽くなった印象がありましたが、大きな変化を感じたかというとそうとは言えませんでした。

 

動物性油からオリーブオイルに変えてみた

肉類などから摂取する油を、オリーブオイルに変更するようにしました。
魚は食べていたので完璧にカットできていたわけではありませんが、肉類から摂取する油や、ラーメンなどを控えるようにしました。
大きな変化は感じなかったですが、魚を食べることがメインになったので、本来の目的とは異なりましたが、魚から摂取できる栄養を豊富に摂れたとは思います。

 

食品添加物をなるべく排除してみた

食品添加物の入った食材や、コンビニの加工食品などを食べないようにしました。
裕福な家庭ではなかったので、元々コンビニのお弁当などを食べることは少なかったですが、当時は今よりも食品添加物が多い食品が多かったと思うので、スーパーなどで買える加工食品などでも添加物を摂取する機会は多かったかもしれません。
今では、アトピーだけに限らず、健康的な食事を意識するなら添加物を避けた方が良いと言われています。
昔よりも今の食品の方が、添加物を使っていない食品は豊富なので、購入する食品の原材料表示はチェックした方がいいと思います。

 

大人になってから食生活が大きく変わった結果…

18歳で実家を離れ、住む場所も食べるものも大きく変わったことで、自分の体にも大きな変化がありました。

 

ひとり暮らしを始めた当初、とにかく貧乏だったので加工食品やコンビニ弁当などを買うことはなく、近所のスーパーで見切り品の野菜や、価格の安い豆腐、お米を中心に食べていました。
住んでいる部屋が変わったことも大きな変化だったのかもしれませんが、肌のかゆみは次第になくなって行きました。
肌の乾燥は相変わらず続いていましたが、かゆみで夜も眠れないということはありませんでした。

 

体が大人になったことも、かゆみが軽減した理由なのかもしれませんが、この頃の私の生活環境の変化をまとめるとこのような形です。

 

・実家の畳の部屋から、フローリングの部屋に移った
・田舎から都会の家に引っ越した
・水道水が美味しいと感じるくらい田舎の地域の水から、都会の水環境に移った。(ミネラルウォーターなどは飲んでいない)
・子供の頃に与えられていた、乾燥を防ぐクリームをつけなくなった。(可能性としては、このクリームの成分が合わなかった可能性も?)
・衣服を洗濯する洗剤が変わった。(ひとり暮らしで節約するため安い洗剤しか買わなかった)
・糖質などを気にせず、パスタやお米など、食費が安くなりやすい食材ばかりを食べる生活になった
・魚はめったに食べられなかった。
・肉類は月に一回程度、ミートソースパスタで食べていた。
・野菜は、もやしやたまねぎなど、安く買える野菜ばかりを購入していた。
・ボディーソープはドラッグストアで一番安く買えるものを使っていた。

 

高校2年生くらいになると、肌のかゆみはだいぶ軽減してきてはいましたが、やはり実家からひとり暮らしの部屋に引っ越してからはアトピーの悩みはかなりなくなりました。
こうして18歳までの生活と18歳からの生活の変化を比べると、ひとり暮らしを始めて貧乏暮らしをしたため、徹底した肌荒れ対策をしているわけではないのに、状態がよくなってきたのは今考えても原因を特定するのは難しいところです。
ですが、もしかしたら普段から疑いなく食べる親が作る料理に何か隠された原因があったのかもしれないとも思えます。
それに気づけないくらい、普段食べている食事というのは疑いなく食べてしまうものなので、食生活の環境を一定期間大きく変化させてみると、何か大きな違いが感じられるのかもしれません。

 

手料理ではなく、一定期間だけ健康的で栄養バランスの良い宅配食やミールキットに切り替えてみるのも良いかもしれません。
アトピーに悩む子供を持つ親御さんの場合は、普段自分が作っている料理や食材を疑って、食材の購入から料理まである程度外部に任せてみるのも一つの手です。
ミールキットは、食材や調味料がセットになっている食材セットで、炒めるなどの加熱調理するだけでおかずが完成させられる食事セットです。
味付けなども自分でする必要がないので、自分の料理の傾向から遠い食事を食卓に出せるのでよいかもしれません。

 

また、宅配食もおすすめです。調理済みのおかずが冷凍保存された状態のお弁当で、電子レンジで温めるだけですぐに食べられるので調理の手間も省けます。
調理過程の添加物を利用していない宅配食サービスもあるので、添加物を排除することもでき、おすすめです。

 

ミールキットと宅配食は下記のページでそれぞれ特集しているので参考にしてみてください。
>> ミールキットランキング
>> 冷凍弁当ランキング

TOPへ